メキシコ スペイン語

メキシコ,スペイン語

スペインとメキシコのスペイン語の違い

スペインとメキシコのスペイン語の違いにはどのような点があるのでしょうか。

 

大きな違いとしては、発音にあります。
メキシコにおいての発音は、スペインの発音と異なるだけではなく、ラテンアメリカ諸国の発音とも異なるともいわれています。

 

アルファベットのCとZの発音の仕方ですが、スペインでは英語のthと同じ発音の仕方になります。ところがメキシコでは、Sの発音になるのです。

 

つまり、S,C,Zの全ての発音が同じになりますので、単語の綴りを覚えるときには注意が必要です。英語と同じような綴りを持つ単語であれば問題ありませんが、基本スペイン語では発音の通りに綴ることになりますので、混乱する可能性があります。

 

また、メキシコのスペイン語には独自の単語があり、それらの語はスペインなどでは用いられていません。たとえば、ピーナッツを意味するCacahuate、猿を意味するChangoなどは、スペインだけではなく同じスペイン語を話すラテンアメリカ諸国でも使われていません。

 

スペインでは、二人称複数を指す単語としてVosotrosを用いていますが、メキシコではUstedesという単語が用いられています。スペイン語の動詞は、主語や時制によって活用するのですが、このUstedesは三人称複数と同じ活用の仕方をします。

 

メキシコ固有の言い回しもいくつかあります。
たとえば、スペインでは「もしもし」はDigaというところを、メキシコではBuenoといいます。また、スペインでは「OK」はValeというところを、メキシコではAndaleといいます。

 

 

 

スペイン語教材総合ランキング
スペイン語さくっと習得プログラム
スペイン語さくっと習得プログラム 現役通訳であり、有名学習進学塾で
外国語を教える松平勝男さんの
スペイン語教材です。

スペイン語体質を作り上げ、
楽しみながらたった2ヶ月でスペイン語を
マスターできます。

公式サイトはこちら 口コミ・体験談を見る
大人のためのスペイン語習得法
大人のためのスペイン語習得法 大人になってからスペイン語の習得は
無理だとあきらめていませんか?

右脳イメージを利用してスペイン語感覚
を体で覚えこませることにより、大人でも
自然 にスペイン語が使いこなせるように
なります。

公式サイトはこちら 口コミ・体験談を見る

スペインとメキシコのスペイン語の違い関連エントリー

スペイン語とは?
スペイン語は、別名カスティーリャ語と呼ばれています。全世界でおよそ4億2千万人の人によって使われています。つまり非常に多くの人により、広い範囲で利用されている言語だといえます。特にラテンアメリカにおいては公用語にしている国...
スペイン語の歴史
スペイン語の歴史を知ることにより、どうしてポルトガル語やイタリア語と似ているのか、アラビア語の影響を受けているのかということが理解できることでしょう。古代スペインは、ローマによって支配されていたという歴史があります。軍隊に...
スペイン語が話されている国々
スペイン語は、メキシコ、アルゼンチン、チリ、カリブ海の国々など、ラテンアメリカ地方だけでも19カ国で話されています。そして、スペイン、アフリカの赤道ギニアの2カ国で話されていますから、計21カ国で話されているということになります...
スペイン語に由来する日本語
スペイン語に由来する日本語の一つにビードロがあります。ビードロとは、息を吹き込むと音が鳴るガラスのおもちゃです。その音からぽぴんやぽっぺん、ぽんぴんと呼ばれることがあります。最初に製法を日本に持ち込んだのは室町後期に...
スペイン語とポルトガル語
スペイン語とポルトガル語はとてもよく似ています。というのも、同じ歴史をたどってできた言語だからです。また、この2つの言語が主に話されている地域もイベリア半島と中南米という共通点があります。いくら似ている言語だとはいえ...
スペイン語とイタリア語
スペイン語とイタリア語もわりと似ている言語です。発音の仕方はほとんど同じだといえるでしょう。 この二つの言語を聞いていると、どちらの言語なのか初心者であればあまり判別がつかないでしょう。文法的には、動詞の変化や形容詞の...